最近の活動

ブログで最新の情報を更新しています。

OneDrop ( バングラデシュに楽しい学校をつくります )

10月18日(木)小野中学校2年生にOneDropのお話をしました (木, 18 10月 2018)
昨年に引き続き今年も小野中学校の2年生にOneDropのお話を聞いていただきました。 2006年初めてのバングラデシュ訪問の際、生徒会より文房具を託されて以来、文房具支援はワンドロップの3つの活動の中のひとつになっています 2007年と2008年はアルミ缶を集めたお金でバングラデシュの学校に机と椅子が入り、エムラン君の足の手術が可能になりました。 OneDrop設立のきっかけとなった中学生の活動でした 今日もその経緯を真剣に聞いてくれました この活動がずっと続けばいいなあと思います 昨日、うれしい電話がありました。小野南中学校から文房具支援をしたいと。 去年トライヤルで関わった2人の生徒が中心になって生徒会を動かしたようです 中学生たち、パワフルです イメージ 1
>> 続きを読む

10月14日(日)西脇上野・下戸田いきいき人権交流会 (日, 14 10月 2018)
秋晴れの今日、西脇の隣保館上野会館でイベントがありました。 2年前、西脇で講演し、双葉小学校の生徒たちとが支援活動をはじめました。そのご縁で今回こちらのイベントに誘っていただきました。 ワンドロップは活動の写真展示とバングラデシュカレー、リサイクル品の販売をしました。 なつかしい人たちと出会えました。 去年の講演会の時に来てくれていた小学生の女子2人と出会いました。 会館のすぐ近くに住んでいるかつての同僚が訪ねてきてくれました。 社の日本語教室に通っていた生徒さんとも出会いました。 みんな知り合いのような気になるぐらいアットホームないいイベントでした。 1時前にカレーが完売しました。 ワンドロップの写真展示をたくさんの人に見ていただきました。 ありがとうございました。 イメージ 1
>> 続きを読む

10月の予定です  (金, 05 10月 2018)
さあ10月になっています  秋はイベントがたくさんあります。10月はそのスタートです (1)10月14日(日)西脇の隣保館上野会館で「上野・下戸田いきいき人権交流会」が開催されます。ワンドロップはカレーの販売とフリーマーケットでデビューします    文房具支援を続けてくれている西脇の双葉小学校の前の校長先生が誘ってくださいました。まだお出会いしていませんが人の輪が繋がっていきます (2)10月18日(木)小野市立小野中学校の2年生にお話をさせていただきます    去年も文房具収集、募金活動などで支援していただきました。この募金でバングラデシュの現在の3年生の机が購入できました 今年も新2年生に支援を呼びかけます (3)10月27日&28日 加東市の秋のフェステイバルで今年も出店します (日時場所はOneDropのHPを参照してください)  ホットニュースがひとつ OneDropがBAN-BAN テレビ にじいろ たまごに出演します 今月中に収録を行い、放映は11月1日から15日までです 加古川市、高砂市、稲美町、播磨町で見ることができます (姫路と明石のケーブルテレビでも再放送) イメージ 1
>> 続きを読む

9月3日 奨学生の支援者様へMINAKOレターの発送準備完了 (月, 03 9月 2018)
イメージ 1 ワンドロップのバングラデシュ教育支援活動のひとつにMINAKO奨学生支援があります。現在学校へ通っていますが家が貧しくて勉強を続けるのが困難な生徒たちに日本のサポーターを募り、資金援助をしています。 年に2回のバングラデシュ訪問の度にかれらと出会うのも楽しみの一つです 1月は新学期のスタートの月です。かれらの進級の様子を彼らからの手紙を添えて報告します。 7月にもかれらと出会って近況をききます。 今回発送するのは、手紙とその翻訳、出会ったときの写真、そして来年2019年の支援を継続するかどうかのお伺いと継続の場合の振込みの依頼です。  今回も6人のツアー参加でしたが、この6人はみな現地で自分がサポートしている生徒たちと出会い、楽しく歓談ができています。  ダッカでは新たに支援を申請している2人の少女と面接しました。 まだまだ支援が必要な子供たちがたくさんいます。 この活動の詳細はこちら
>> 続きを読む

8月26日 午後 加古川のびぃぷらすで写真展が始まります (日, 26 8月 2018)
午後から加古川のびぃぷらすに集まりました。ここはJR加古川駅から歩いて3分ぐらい。寺家町商店街に入って直ぐ右にコミュニティスペースびぃぷらすがあります。9月2日までワンドロップの活動報告写真展をします。 とてもゆったり落ち着ける場所です。写真の子供たちの笑顔に会いに来てください。 イメージ 1
>> 続きを読む

8月26日 午前 コミセン小野の展示がおわりました (日, 26 8月 2018)
展示期間中、小野祭りがあり、台風の日があり、そして連日の猛暑の日々が続き、そんな中、たくさんの方々にバングラデシュの子供たちを見ていただきました。寂しいですが今年の展示が終わります。 芳名帳に記された名前に懐かしい名前を見つけ、応援してもらっていると感じ喜びました。まだ出会ったことのない方の名前に、見てくださってありがとうの気持ちでいっぱいです。 まだまだワンドロップの活動は続きます。 ありがとうごさいました。 イメージ 1
>> 続きを読む

8月21日 今日の神戸新聞北播版に掲載されています (火, 21 8月 2018)
昨日、取材を受け、早速に今日、掲載されました。朝から西脇や小野の友人からラインが入り画像が送られてきてびっくり。画像が大きくて、、、汗💦 新聞を見て、さらに多くの人が、バングラデシュの子供たちの笑顔を見に来てくれたらいいなあと思います。25日までです。 イメージ 1
>> 続きを読む

8月19日 コミセン小野の市民ギャラリーにいます (日, 19 8月 2018)
今日は小野祭りの2日目です こちらの会場は駐車場以外はひっそりしています。 展示が始まって約一週間たちました。芳名帳には沢山の方々のお名前があります 明石から西脇から神戸から、来てくださった方ありがとうごさいました。 写真展は25日までです ワンドロップの活動の様子を是非見に来てください。 イメージ 1
>> 続きを読む

8月12日 ワンドロップの活動報告写真展が今年もコミセン小野ではじまりました (日, 12 8月 2018)
イメージ 1 今年もコミセン小野でワンドロップの写真展がはじまります 今年の1月と7月のスタデイツアーの報告です まず、国旗が目にはいります そして、マジュンダーワンドロップ小学校ができるまでの工事の写真 順に2016年の開校式20名の新一年生の入学 2017年には新たに20名が入学しました 2018年には校舎の2階部分が増築され、生徒数は60名になりました   建物が建って、中に生徒が入り、先生が教え、毎日ここで学んだり、遊んだり、 子供たちはいろんなことを学んで帰ります ワンドロップの目的は楽しい学校をつくること   バングラデシュの子供たちのいろんな顔に会いにきてください 8月25日までです 私たちの活動に興味がおありの方、どうぞメールや電話でお問い合わせください   
>> 続きを読む

8月4日 第17回スタデイツアーの報告会です (土, 04 8月 2018)
イメージ 1 今回はじめて小野市での開催です 場所はコミセンきすみの。ここは去年、トライやるで使わせていただいてから、いろんな作業や打ち合わせに利用させていただいています 12:30ごろから顔見知りの方がきてくれます。 13:00からは受け付けとバングラデシュカレー。今回はまゆみさんが作ってくれました。クーラーの効いた部屋でスパイシーなカレーをいただきました。 13:30ごろからツアーの参加者によるスピーチがはじまります 1.ひさこさんは9回目の参加、 校舎が2階建てになり、60名の生徒と出会って感慨ひとしおだったのでしょう。学校が竹やぶだったときからのスライドを紹介して、今までのワンドロップの歴史を紹介しました。 2. 岡さんは2回目です。おもにマジュンダーワンドロップ小学校でのお話です。あの場所にワンドロップの小学校があって、あの子たちが毎日やってくる。そこで楽しく遊んだり、学んだりするというのがすごいと。 3.けいこさんも2回目です 現地で文房具支援に訪問した学校のナーサリークラスのようす、とバングラデシュ独自の手遊びや歌などを紹介しました。そして、現地で出会ったヤスミンさん、タリクさん、他のバングラデシュの友人たちへの感謝を話しました 4.山中さんは8回目になります ずっと貴重な写真を撮ってくれています。言葉や性格の壁があって自分から心が開かれないと悩んでいますが、子どもたちやバングラデシュ人たちは随分前からあけっぴろげに山中さんを受け入れているました;)支援している奨学生たちとのかかわり、今回自立したフマヤン君とのこれからの交流 実際に現地で体験することの良さを話してくれました 5.ひろえさん(関東在住)4回目 の感想文 1月に支援を離れて、学校をやめ働くことを決意したシャハダ君と出会いました。これからもよきお姉さんで彼を見守り続けます。小学校では子どもたちに入って楽しく遊びました。生徒たちの成長振りに関心していました。 6.大西 17回プラスα  ワンドロップの目的は1、学校の運営、2MINAKO奨学生制度、3.文房具支援です。まだまだ課題もありますが、今できることを続けていきます。 プレゼンのスライドより引用   朝、広い道路から車をおりて学校まで歩いていくと  子どもたちの元気な声がひびいてきます   後ろに白い校舎がみえます  あたりに建物はなく、ここだけ現実のバングラデシュから切り離されたようにかわいい学校があります   この場所がこどもたちの楽しい学びの場所でありますように   この場所がこどもたちが大きくなったときに楽しい思い出の場所として語られますように                    2018年8月4日
>> 続きを読む