最近の活動

ブログで最新の情報を更新しています。

OneDrop ( バングラデシュに楽しい学校をつくります )

2月17日(土) 神戸新聞、三木と北播版に掲載されました (土, 17 2月 2018)
今日は土曜で市役所は休みですが、みっきいホールに出かけました。 仲間たちが集まっていました。 コーヒーやケーキをもって。にぎやかに話ができました。 三木市の広報の方と議員さんが写真展を見にきてくれました。 彼はイベントの時によく激励に来てくれます。 なんでも西脇出身の方ということです。 バングラデシュカレーも大好きな方です。 気にかけていただいてありがたいです。 今日の神戸新聞にワンドロップの三木での写真展の記事が掲載されています。 展示は19日(月)の3時までですができるだけ多くの人に伝えたいです。 イメージ 1
>> 続きを読む

2月16日金 ミッキィホールには色んな方が立ち寄ってくれています。 (金, 16 2月 2018)
今日、写真の好きな方が来られてワンドロップの話を聞いてくれました。子供の表情がとてもいいですね と感想をいただきました。 こんないい写真展はもっとたくさんの人に見てもらいたいから市役所内にある記者クラブに連絡しましょうと。 すると神戸新聞の記者さんがきてくれました。取材を受けました。 なんと明日の三木版に掲載されるそうです。 こちらでの展示は月曜の3時までですが多くの方々に見てほしいです。 イメージ 1
>> 続きを読む

2月14日(水)小野東小学校での奇跡、人のつながりってすごくおもしろい。 (水, 14 2月 2018)
今日は小野東小学校で国際理解の授業に呼ばれ、バングラデシュの話をしました。6年生130名はとても反応がよくて一生懸命聞いてくれました。今日は2つのことにしぼってお話しをしました。 1.私がどうしてワンドロップの活動をするようになったのか 2.ワンドロップはどんなことをしているのか  あまりなじみのなかった国、バングラデシュに興味を持ってくれたと思います。生徒の感想がとても楽しみです。    そして、今日、人とのつながりの不思議を3つ体験しました。 一つは、今回の講演の計画を進めてくれたM先生は私が旭丘中で働いていたときの生徒だったこと。 二つ目は、この学校に勤めているA先生のお母さんはMINAKO奨学生制度設立の貢献者、美那子さんだったこと。 三つ目は、6年生の担当のM先生は私がはじめてバングラデシュに行ったときに働いていた小野中の生徒だったこと。彼女は文房具支援やアルミ缶支援を実行していました。  なんだか、人のつながりの大きな波がきているようです。 どうなるのでしょうか。楽しみです。 イメージ 1
>> 続きを読む

2月13日 ミッキィホールでワンドロップ活動報告写真展が始まりました (火, 13 2月 2018)
今年も三木市役所内にあるミッキィホールでワンドロップの活動報告写真展をします。今日から19日までです。2016年開校から三年目に入りました。只今生徒数60名で毎日楽しく勉強を続けています。 是非見に来てください。 イメージ 1
>> 続きを読む

2月10日(土) うれしい出会いとお話、16回スタデイツアーの報告会でした (土, 10 2月 2018)
1月に実施したスタデイツアーの報告会をしました。 いつも見えないところで支えてくださる支援者のみなさん、ご出席ありがとうございました。  ワンドロップ(バングラデシュ教育支援の会)はバングラデシュに小さな学校を建て、貧しい子供たちに楽しく勉強してもらおうと2010年に結成されました。ひとしずくの努力が実り、小さな学校が2016年にオープンし、今60名の生徒が学んでいます。本当に楽しそうに。  でも、今回、家庭訪問をしたり、先生たちに家庭事情を聞いたりして、子どもたちの日々の生活がとても苦しいものであることを目のあたりにしました。若年結婚の風習、生活のため労働力として子どもを働かせなければならない家庭の経済状況の現実があります。私たちはこのような社会問題の前にはなにもできません。  だけど、子どもたちにとって学校は本当に天国のような場所なのです。この場所を大事にしなければならないと思いました。ここで学んで、楽しく友だちとすごして、厳しい現実に耐える力を身につけ、いい大人になってほしい。  ワンドロップの活動はまだまだ続きます。   イメージ 1
>> 続きを読む

2月9日(金) 双葉のみんなからいっぱいの支援物資と笑顔をうけとりました (金, 09 2月 2018)
今日は西脇の双葉小学校へバングラデシュスタデイツアーの報告に行きました。  昨年、3年生の生徒たちが自発的に行動を起こしてたくさんの文房具を集めてくれ、それを持ってバングラデシュの学校を訪問しました。文房具に喜んだのはもちろん、バングラデシュの子どもたちの関心は日本の子どもたちの写真。どんな格好でどんな学校へ行っているのか、どんな生活を日本の子どもたちはしているのか。。。 バングラデシュの子どもたちの世界が少し広がりました。  日本の子どもたちにバングラデシュの様子を話しました。 寒いのにベッドがなくて冬服もなくて寒さに震えて寝ている生活。お腹いっぱいに食べることができなくてあまり体重が増えない子どもたち。だのに、学校ではとびっきりの笑顔で勉強したり、歌を歌ったり、ダンスしたりしている子どもたち。  最後のあいさつで、クラスの代表の生徒が自分の言葉で、「バングラデシュの子どもたちの生活は大変ですが、今日みせてもらった写真の子どもたちの笑顔は世界一の笑顔でした」と感想を言ってくれました。 とてもうれしかったです。この笑顔がどんどん広がりますように。 今回も西脇の人たちが寄付してくださった文房具をたくさんいただきました。次回のツアーでバングラデシュへ届けます。  双葉のみなさんの笑顔も世界一でした。 ドンノバッド (ありがとう) イメージ 1 明日はスタデイツアーの報告会があります。 https://onedropbangladesh.jimdo.com/
>> 続きを読む

2月2日(金)復活して日常・・2018動き出しました (金, 02 2月 2018)
健康の力って大きいですね。体調がよくなると気持ちも前向きになります。2017年の活動報告も一応おわり、2018の活動計画をながめていると、動かなくてはと気持ちが前に向きました。 ①まず、三木市のミッキイホールに出向き、2月13日ー19日を借りることができました。写真展をします。担当の方とバングラデシュの話ができて応援していただけました。 ②加古川総合庁舎ないのタパスに行きました。物販もできる人気のスペースです。なんと、3月5日ー10日を借りることができました。 バングラデシュでの活動報告写真展をします。 バングラで買ってきた、パシュミナのショールや民芸品を少しですが販売します。売上は現地の学校の運営費に使われます。 ③去年からよく会議などで利用させていただいている小野市のコミセンきすみので今年も写真展をさせていただきます。 3月17日ー4月7日 ④小野市図書館も申し込みが終わりました。 4月9日ー4月23日 そのほかに、2月、3月、4月に講演会もあります。 HPやブログでそのつど報告いたします。
>> 続きを読む

スタデイツアーからもどって1週間がたちましたが・・・ (火, 30 1月 2018)
先週23日に関空に到着しました。 日本の寒さが感じられないくらい消耗していました。 実は、帰りの飛行機から体調をくずして何も食べ物がはいらなかったのです。なんとか家にもどりましたがずっと休んでいました。 日に日によくなっています。 書き溜めていたブログを埋めました。(1月12日-22日) 暖かいお風呂に入り、好きなものを食べ、暖かい布団で寝ています。 ずっと頭のすみにコミラで家庭訪問した子供たちの家のことがあります。寒さにふるえながら寝ています。 まだいろんなことがまとまりません。 でも、今頃は、暖かい日差しの中であの夢のような小学校で友達と遊んだり、笑ったり、歌ったりしているのでしょう。 私たちの力は本当に微力ですが、そんな楽しい場所を作れたのがせめてものうれしさです。 報告会を2月10日(土)加古川市アクア交流館 で13:30pm-15:30pm で開催します。今回の参加者がそれぞれの感想などを話してくれます。どうぞ聞きにきてください。
>> 続きを読む

1月22日今夜、深夜便で日本へ向かいます (月, 22 1月 2018)
昨夜は19:30pmごろダッカのホテルに到着しました。 ヤスミンと打ち合わせをして、早めに寝ました。ネット環境があってあたたかいベッドがあって快適です。ふとコミラのあの子の家を思いました。寒いだろうなあ。 朝、近くの公園を散歩しました。グルシャンのこの地区は外国の大使館がいくつかあって外国人も多いです。例のテロ事件もこの地区の外国人がよく使うレストランで起きました。その後、この地区は治安に力が入り、一番安全な場所になっています。 空気が暖かく感じられます。冬は終わろうとしています。 午前中ヤスミンが買い物にさそってくれました。 スパイスや雑貨を少し買いました。バザーで使います。 午後、AnikaさんとMukibさんがホテルに挨拶にきてくれました。 新婚の忙しい合間を縫ってあいにきてくれてうれしかったです。 とてもすてきなお似合いのカップルです。 夕方、奨学生のアキさんの弟のシハブ君が挨拶に来てくれました。 次回はおうちに招待されました。 そのあと、ライサさんとジョニさんも挨拶に来てくれて本当に名残惜しかったです。 イメージ 1 バングラデシュでの活動をはじめて12年たちました。 友達の輪も広がりました。 毎回新しい発見があり、考えさせられています。 今回も。
>> 続きを読む

1月21日気がつけばコミラの最終日 (日, 21 1月 2018)
昨夜は楽しいサプライズがありました。 タリクさんの家にもどるとなんとミュージシャンが出迎えてくれていたのです。KENさんという日本人でタリクさんとは去年、篠山で出会ったそうです。彼の来訪をタリクさんはずっと秘密にしていました。 彼は小さなギターを弾き、歌い、踊ってくれました。沖縄の歌とか大好きなスタンドバイミーとか。音楽の力は大きいですね。昼間の疲れもふっとんで、にこにこ踊ってしまいました。 KENさんは今日、学校に来て演奏してくれるそうです。生徒の反応が楽しみです。 今日でコミラは最終日です。授業のあと、ヤスミンと私たちはダッカにもどります。昨夜はKENさんがホテルにひきあげたあと、3人でおそくまで時間割作りに没頭しました。なんとかできましたが先生たちの反応はどうでしょうか。 荷物をパックして家族とさよならを言って学校へ向かいます。ちょっと遅刻だな。学校ではもう今日の授業が始まっていました。ヤスミンは早速こどもたちと英語の授業に入り込みます。 本当に彼女はすぐに子供の心をつかんでしまう。先生たちが尊敬のまなざしで一生懸命に指導法を覚えようとしています。 2時間目がはじまったころKENさんが到着しました。 全校生徒を一室に集めて、コンサートの開始です。生徒の眼はKENさんの持つギターに釘付けです。ボロンと一と鳴らしするたびに「アー」とうれしそうな感嘆の声と拍手。こんなノリノリで楽しいコンサートができました。 イメージ 1 コンサートのあと、ランチを食べ、午後の授業です。キャビネットの片付けもだいぶおわり、いろんな教材の使い方、保管場所も先生たちに伝えました。時間割も喜んでもらえたようです。 なごりはつきませんが、生徒を下校させ、最後の打ち合わせをしました。帰りに、昨日家庭訪問したナズムルの家に加東市でいただいたタオルケットのエプロンを持っていきました。これでしばらく寒さをしのいでほしいです。 バングラデシュはどんどん暖かくなってきていますが、朝晩はやはり冷えます。 事務所にもどり、昼食のあといつものドライバー、ラジョンさんとダッカへ向かいました。バイバイ、コミラ、Allah hafez
>> 続きを読む